収入証明とは

消費者金融や銀行カードローンの審査時に提出が求められる収入証明とは、現在の収入がどれくらいあるかを証明する為の書類です。この収入証明によって、返済能力がどれくらいあるか、いくらまで貸し付けることができるかが決まります。

場合によっては収入証明なしで借り入れを行うことができる場合もありますが、そうなると借り入れ限度額は非常に低くなりますので、ある程度の金額の借り入れを行いたい場合には、収入証明の提出が必要です。

消費者金融や銀行カードローンの審査で提出する収入証明として認められるものはいくつかあります。まず一つが源泉徴収票です。正社員や派遣社員として会社に勤めている方はみなさん源泉徴収票を受け取りますのでこちらが利用しやすいでしょう。また、毎月の給与明細も収入証明として利用できますが、直近三ヶ月以内のものなどある程度限定されます。

もし、借り入れを行う方が会社勤めではなく、個人事業主の場合には、源泉徴収票や給与明細がないことがあります。そういった場合には、課税証明書や確定申告書を収入証明として提出することもできます。

収入証明の書類は、消費者金融や銀行カードローンの審査時に提出となりますが、店頭での申し込みをする場合には直接提出できます。また、インターネットからの申し込みを行う場合には、スマートフォンなどで収入証明の書類を撮影してデータで送ったりすることで審査をしてもらうことも可能です。